ブランド品買取をしてもらう時期はいつがいいの?

高額買取は季節とイベントに注目!

いざブランド品を売ろうとしても、査定額が時期によって大きく変わることがあります。ブランド品を売る時期は”売るもの”と”季節”が合致することが高額査定に繋がる大きなポイントとなります。「これからの季節に使いたい」と思う人が増える前に売ることが大切です。例えば夏物であれば、5月から6月頃、冬物は9月から11月頃までに売るのがベストです。しかし、売るものと季節が合致していても売りたい人が多い時期には査定が下がりがちになります。クリスマスやホワイトデーなどのギフトシーズンの後は、売りたい人が増えるので売るには避けたほうが良い時期といえます。逆にギフトシーズン前には買いたい人が増えるので高額査定に繋がる時期ともいえるでしょう。

流行と話題性をチェック!

ブランド品にとって流行や話題性は商品の状態に関わらず高額査定の重要なポイントです。ブランドによっては流行に左右されない定番ラインで安定した価格がつくものもありますが、多くのブランドでは流行の型や素材は毎年変わります。売る前にはブランド買取を行っている専門サイトで高額で販売されている型をチェックしてみましょう。特に定番以外のものは発売時期から早ければ早いほど高値が付く傾向にあります。しかし、例外としてあるのが”話題性”です。海外の人気モデルや俳優・女優などが身に着けることによって、数年前のブランド品が一気に高額査定になる場合もあります。売るものの季節と合わせてメディアやSNSなどで情報をチェックすることを忘れないようにしましょう。